■プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■グーバーウォーク

■検索フォーム

■リンク
■おすすめ商品

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

トースト消しゴム
 前回に引き続き、サカモトの消しゴムです。

toast01.jpg
 サカモト トースト消しゴム(全10種)

 上から、
  バター、アイスチョコ
  ピザ、スクランブルエッグ、ハムチーズ
  小倉、焼きマシュマロ、苺ジャム
  目玉焼き、苺クリーム

 「これ、トーストに乗せる?」なんてのもありますが、皆美味しそうです。

 ふたつ開封してみました。

toast02.jpg
 裏面です。

 ちょうどいい具合にトーストされています。

 写真でお気づきでしょうけど、表裏どちらも印刷です。
 が・・・

toast03.jpg
 透明のカバーを外してみますと、中身はまだトーストされていない食パンでした。

 カバーの方に印刷されているのです。
 このカバーが消しゴムのスリーブになっている訳です。ちゃんと実用も考えられていますね。

 余談ですが、この開封した消しゴムをKさんに差し上げたら、いきなり消し始めまして・・・
 「あっ、ちゃんと消えるんだ!」

 つっ、使うんですね・・・

 なので実用的であることも証明済みです(笑



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

食卓 | 20:05:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
レトルト消しゴム
 このまま宇宙へ行く予定だったのですが・・・消しゴムが見つかりません ort
 早くもネタ切れでございます。
 で、宇宙食の代わりにレトルト食品を。

retort01.jpg
 サカモト 香り付きレトルト消しゴム(全10種)

 ご覧の通り、牛丼からクリームシチューまで、レトルト食品の箱の中に消しゴムが入っています。

retort02.jpg
 箱の裏面です。

 ご使用方法が秀逸です。

 加熱調理や電子レンジのイラストにバツ印が付いていまして、「温めずにご使用下さい!」
 ご注意:お皿に盛り付けせずにご使用下さい。

 お約束の「食べられません!」は、箱の横に書いてあります。

 3つほど出してみましょう。

retort03.jpg
 箱から出しますと、銀紙に密封されています。上手に切り取って、取り出します。

 一番下が消しゴムです。片面にそれぞれの食品のパッケージが印刷されております。消しゴムの色は黄土色? 恐らく10種全ての消しゴムが同じ色だと思われます。

 一番の売りは「香り付き」。カレーはスパイスのにおいがします。回鍋肉や牛丼は、そのにおいかと言われますと違うような気がしますが、明らかにそれぞれのにおいは異なっていまして、それなりの工夫が感じられます。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

食卓 | 20:05:22 | トラックバック(0) | コメント(4)
エスビー スパイスペン
 今回は消しゴムではありません。ボールペンです。

sbspice01.jpg
 バンダイ エスビー スパイスペン(6種)

 ガチャです。
 世間では一般に「ガチャガチャ」等と言っていますが、バンダイは「ガシャポン」と言うのだそうです。(登録商標)

 日頃お世話になっているものもたくさんあります。ミニチュアのボールペンになっています。

 七味唐辛子ペン(赤インクボールペン)
 テーブルコショーペン(黒インクボールペン)
 ラー油ペン(赤インクボールペン)
 本からしペン(赤インクボールペン)
 生わさびペン(黒インクボールペン)
 ブラックペッパーペン(黒インクボールペン)

 調べてみますとどうやら2007年に発売されたもののようです。そんなになるのかなぁ、との印象ですが、このS&B以外のものも出ていたのでしょうか。気になるところです。どうせならハウスとか、他のメーカーのものも揃えたくなるのです。ご存じの方いらっしゃいますか?



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

食卓 | 20:05:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぐでたま寿司消しゴム
 ぐでたまが巻き寿司になりました。タマゴが寿司になるのは至極当然でしょう。

gudetamasushi01.jpg
 サンリオ GUマキズシフウジケシ(ぐでたま寿司字消し 2個入)

 のりの部分も消しゴムです。というか、巻いてあるわけではなく、一体型の押し出し式です。つまり金太郎飴同様、仮に真ん中で切っても同じ柄が出てくるはずです。そういう意味では本物の巻き寿司も同じと言って良いでしょう。

 元々あった「ぐでぐで感」があまり感じられないのは私だけでしょうか。

 紙製のバランが演出に一役買っています。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

食卓 | 20:04:59 | トラックバック(0) | コメント(6)
ゆでたまご消しゴム(その2)
 カラフルなゆでたまごです。

yudetamago03.jpg
 orientaltrading エッグパズル消しゴム(4色)

 アメリカの会社のようです。

 出してみましょう。

yudetamago04.jpg
 黄身と白身がちゃんと分かれます。(こういうのは白身ではなく、何と呼んだら良いのでしょうか。)

 たまごの黄身には顔が印刷されています。緑は反対側を開いてみました。

 以前登場した夢のあるゆでたまご消しゴムと比べてみましょう。

yudetamago05.jpg
 手前が夢のある夢のあるよりかなり大きい事がわかります。また、底が平らになっていますので、ちゃんと立てる事が出来ます。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

食卓 | 20:04:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ