■プロフィール

あやのすぎ つねただ

Author:あやのすぎ つねただ
 
 更新しないかもしれないブログへようこそ!

 「ケシゴム」「消ごむ」等いろいろな表記がありますが、このブログでは「消しゴム」で統一します。
 メーカー名・販売社名の「株式会社」「有限会社」等の会社表記は省略しています。また、敬称略です。

■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■グーバーウォーク

■検索フォーム

■リンク
■おすすめ商品

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

カエルの時計消しゴム
 カエルのおなかに時計を付けてしまいました。

c_frog01.jpg
 カエルの時計消しゴム(3色)

 中国の消しゴムです。

 黒と白の時計の針は、手動で動かすことが出来ます。もちろん針も消しゴムです。

 時計の中心がずれていますね。これは穴がずれているのではなく、印刷がずれているのです。このあたりは「中国製だから」と、つい言ってしまいます。このアバウトなところが良くも悪くも中国なんですね。

c_frog02.jpg
 裏面です。

 ちょっと残念ですが、形から何となくカエルだとわかります。

 裏から見ますと、時計の針の中心がずれていない事に気づくでしょう。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

動物 | 20:05:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
帽子消しゴム(その3)
 中国の消しゴムを続けます。
 以前紹介した帽子消しゴム(その2)と同じメーカーから新製品です。

hat06.jpg
 帽子消しゴム(4色)

 こちらは麦わら帽子でしょうか。リボンが巻かれていてちょっとしゃれた帽子です。

 前回の帽子と比べてみましょう。

hat07.jpg
 左が前回、右が今回の帽子です。

 まず、大きさが一回り小さいです。リボンも小さいですね。

 そして裏側。

 前回のはくぼみがありましたので、マネキンにかぶせることが出来ましたが、今回のは真っ平ら、人形などにかぶせて遊ぶことは出来ません。

 ワンポイントにコサージュのような使い方もあるのではないでしょうか。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

日用雑貨 | 20:05:30 | トラックバック(0) | コメント(2)
クジャク消しゴム
 もう忘れかけていますが、今年は酉年です。
 って、こじつけもいいところですが・・・

Peacock01.jpg
 クジャク消しゴム(4色)

 中国の消しゴムです。

 飾り羽根が二重になっているところなど、うまく表現されていますね。

 出してみましょう。

Peacock02.jpg
 裏側にもちゃんと羽根が刻まれています。このあたりは手を抜かず、いい仕事です。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

動物 | 20:05:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
ペンシル型消しゴム
 絵の具の次は鉛筆です。

pes01.jpg
 made by humans ペンシル型イレーサー&シャープナー(2色)

 カナダのメーカーです。

 鉛筆のおしりに消しゴムが付いている、その部分を拡大したような商品です。

 消しゴムそのものは円筒状であまり面白みがありませんが、こういうケースが付いたとたんまるっきり違うものに生まれ変わります。

pes02.jpg
 上の消しゴムを外しますと、鉛筆削りが見えます。

 太軸の鉛筆も削れるように2種類の鉛筆削りが付いています。

 鉛筆削りの部分を外しますと、削りカスが入るケースになっています。

 普通の鉛筆と比べてみましょう。

pes03.jpg
 こういうときになぜか消しゴム付き鉛筆が出てきません。最近めっきり見なくなりました。

 真ん中が今回の消しゴム。左が普通の鉛筆です。そして右が以前登場したジャンボ鉛筆です。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

文房具 | 20:05:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
絵の具消しゴム
 虹色と言えば7色というのが一般的ですが、国によっては数え方が違う場合もあるようです。

paint01.jpg
 絵の具消しゴム(7色)

 韓国の消しゴムです。

 虹色の絵の具を意味しているようですので、韓国でも虹は7色のようです。

 出してみましょう。

paint02.jpg
 絵の具のおしりの部分が折れ曲がっているところがちゃんと表現されています。フタも消しゴムのようです。

 もうじき新学期。学年によっては絵の具も必要なアイテムとなることでしょう。でもこれはやっぱりだめですね。



テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

文房具 | 20:05:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ